いつも使いたくなる違和感がない口に優しい超軽量スプーン

いつも使いたくなる違和感がない口に優しい超軽量スプーン

いつも使いたくなるスプーンとは

15年以上も愛用してきた超軽い天然木のスプーン。

何年経っても、その使い心地は変わらず、口当たりが優しく、口の中に入れても違和感がない、また使いたくなるスプーン。

伊豆でたまたま立ち寄った木工の工房に併設していたギャラリーで、そのスプーンを見つけました。

 

 

それからずっと使い続けてきて、特にカレーや炒飯、スープ類を食べる時は絶対そのスプーンで食べていました。

 

U.L. FUN Spoon

 

最初の頃は家で使ってたのですが、そのお気に入りのスプーンはいつしかアウトドアのフィールドでも定番のアイテムになっていました。

 

 

その理由は、超軽くU.L.(ウルトラライト)に適っていることと、山やキャンプで使うチタンのクッカーに使っても金属音の嫌な音がしないから。

なんだ、山に、アウトドアのフィールドに、ピッタリじゃん!

そんな風に思ったら居ても立ってもいられなくなり・・・・・・今に至ります。笑

 

もう金属音が気にならない 

クッカーで食事をする時、チタンやステンレス、アルミなど金属でできているスプーンは、どうしてもクッカーと当たると金属音がします。特にクッカーと擦ってしまった時のあの嫌な金属音、気になったことないですか?

天然木のスプーンであれば、その不快な音も気にすることなく食事を楽しめます!

 

 

 

超軽い天然木はSDGsな素材!

同じ天然木でも、桜の木と楠の木とでは比重が違うがように、その時に調達できる天然木で極力軽いものを使って作って頂いています。

その重さは1本約6〜7g前後。一つ一つ木工作家さんの手作りですので、木目や重さには多少誤差がありますが、唯一無二のスプーンです。

天然木なのでアウトドアのフィールドでも、自然に溶け込み、YAMATOMO.FUNのロゴが入ったお洒落なスプーンです。

しかも、天然木なので、不要になった時は自然に帰るSDGsな素材と言えます!

 

 

開発ストーリー

さすがに15年以上も使っていると、スプーンのエッジの塗装が剥げて来てしまい、新しいスプーンを購入しようと思い、その時の工房を探しました。

しかし、うる覚えの工房を見つけるのは至難の業でなかなか見つからず、自分でウレタン塗装だけしようかと、ホームセンターで道具を揃えたりもしましたが、口の中に入れる物なので、何となく気が引けて、工房を探し直すことに。

思い出しながら手当たり次第電話をして説明し、スプーンの画像を送ったりしながら分かったことは、その絶妙なスプーンをデザインして作った作家さんはもう何年も前に木工を辞めてたという事実でした。

何とも残念で極まりなかったです!

諦めの悪い私は、それならば、何とか復刻して作って頂ける工房を探すことに決めました。

またもや手当たり次第に探して数件目で、木工を辞めてしまった方と木工の先生が同じだったという伊豆の木工作家さんを教えて頂くことができました。

現在スプーンの復刻をお願いしている木工作家さんの菊池奈美さん(Wood Kithen Style Kina)です。

当初のデザインは、やはり最初に作られた方のものなので、ほんの少しアウトドア仕様にデザインを変更して頂き、サンプルを何度か作り改良して今のスプーンが出来上がりました!

出来上がって来た時のワクワクする気持ちと、口の中に入れた時に、「これだ!この感じ!」という安心感と喜びを今でも覚えています!

その時のワクワク感と、食事を楽しむ道具の一つであることから、
「U.L. FUN Spoon」ウルトラライト ファン スプーンと名付けました。

本当に何度使っても優しい食べ心地で、口の中に入れても違和感がなく、何度でもいつでもまたこのスプーンが使いたくなる、無意識に選んでしまうほど一生物と言うのはちょっと大袈裟ですが、使ってみるとそのぐらい愛着の湧くスプーンです。

ぜひフリーズドライのご飯やアウトドアで作るカレーなどを、このスプーンで食べて欲しい!

ぜひ「U.L. FUN Meal」と合わせて、楽しんで頂けますと幸いです! 

 

https://yamatomo.fun/products/ul-fun-spoon

 

SPEC

プロダクト名:U.L. FUN Spoon(ウルトラライト ファン スプーン)

素材:天然木(その時の供給状況により木の種類が変わります。)

サイズ:全長 約190mm、すくい部分 約50mm × 横幅 約38mm

重量:約6〜7g前後

汚れがつきにくいメッシュの生地の、お箸なども一緒に入るYAMATOMO.FUNのカトラリーケースが付きます! 

※ 一つ一つ作家さんの手作りのため、個体によって木目、サイズ、重量が若干異なります。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。